世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

 
ブログ
2018年7月15日
夏の健康管理のポイント

その1、
しっかり睡眠をとること

どんな食事にしたら良いですか?
どれくらい運動したら良いですか?

こんなふうに
みなさま、”何をしたら良いか”を気にされますが
まずは不健康な習慣をやめてください。

よくあるのが夜型生活。
夜更かし寝不足。

まず不健康な習慣をやめる!!
これダイエットしたい方も、筋肉つけたい方も、
腰痛とか肩こりに悩む方にも共通ですからね。

 

その2、
しっかりごはんを食べること。

特に、夏が旬の食材や、
暑い地域で採れる食材を食べるのがベターです。

放っておくと食欲が落ちたり、
水分不足で代謝が落ちやすいです。
すると体内の循環が悪くなるので、
より体調不良を感じやすくなる悪いサイクルに。

それに陥らないように、
日々、事前準備をすることが大事です。

そこで冒頭の、
“夏が旬の食材”
“熱帯地域の食材”がおススメ。

トマト、
茄子、
西瓜、
ゴーヤ、
バナナ、
マンゴー、
桃、
などなど他にもたくさん。

水分たっぷり、
循環を助ける微量栄養素が豊富、
体に熱が籠るのを防いでくれます。

シンプルな考え方ですがすごく効果を感じます。
ぜひ気にしてみてくださいね。

 

その3、適度に運動をすること

これは、暑い中でも頑張って運動しようぜ!
という意味ではなくて…

生命維持の源である「循環機能」
つまり
「血行の良い状態」を保ちましょうという意味です。

血行が悪いと、
手や足の末端までそれが行き渡らず、
“冷え”や
“むくみ”の原因になります。

本来なら、
食事から摂った栄養、
呼吸によって吸い込んだ酸素、
これらは血液に乗って全身に巡ります。

血行が悪い状態では、
それらは全身に行き渡ることが出来なくなり…

結果、
体温の調整や、
塩分濃度の調整が下手くそになるので、
夏バテにも繋がりやすいです。

その1、睡眠
その2、栄養
その3、適度な運動

つまり、
特別なことではなく
当たり前の事を当たり前にこなすことが秘訣ですよー、
っていうお話でした。

今年の夏は特に暑く、異常な気象が続いています。

特にお体に気を付けて、元気に夏を乗り切りましょう。

→ご見学、ご体験はコチラから