世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

 
ブログ
2019年4月10日
“運動”はこれにも効く!五月病を予防する為の3つのポイント

新しい環境への適応がうまくいかず、心身に不調があらわれる「五月病」。
5月の連休後に、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態を総称して「五月病」と呼びます。

・やる気が出ない
・食欲が落ちる
・眠れなくなる

などの初期症状から、
徐々に体調が悪くなり、欠席や欠勤が続くことがあります。
五月病からうつ病に移行するケースも少なくはないので、なるべく早い対処が必要といえます。

そもそも、五月病は、主にストレス=自律神経の乱れが原因で起こります。
進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度、
それに加えて三寒四温と言われるような春先の不安定な気候が重なることで、
特に心身にストレスが溜まりやすい時期なのです。

 

この記事をお読みのあなたも、過去に上記のような症状を経験したことがあるのではないでしょうか。

この五月病、生活習慣に気を付けることで事前に予防することができます。
症状が出てしまう前に予防できるのならば、
そちらのほうが良いに決まってますよね!

ということで、本日は「五月病を予防する為の3つのポイント」
についてお伝えします。

1、「セロトニン」を意識した食事をする
2、からだを動かす
3、生活のリズムを整える

順に理由を説明いたします!

 

【1、 「セロトニン」を意識した食事をする】

 

最近注目されている、別名「幸せホルモン」といわれるセロトニン
セロトニンの分泌を促す食べ方や、栄養バランスを工夫することで心のバランスを安定させるというもの。
幸せな気持ちになれないからうつ状態になるのであって、食べ物によって幸せな気持ちになるのなら手軽でいいですよね。

この幸せホルモン「セロトニン」を分泌させるのは、
アミノ酸、ビタミンB群(特にB6)、炭水化物の3つの栄養素。
アミノ酸は、なかでも「トリプトファン」という栄養素が特に効果的。

 

トリプトファンは、肉や魚、大豆製品などタンパク質が豊富に含まれているもの
ビタミンB6は青魚や鶏肉、バナナやさつまいも、アボカド、ナッツなど
炭水化物はご飯やパン、うどんなど主食類に含まれています。

 

さらにセロトニンは「たくさん噛むこと」でたくさん分泌されるそう。
ですから、「よく噛むこと」を意識したメニューもいいですね。

 

そして何より、ごはんは誰かと一緒に、楽しく食べることをおすすめします。
私も経験がありますが、一人でぼそぼそとごはんを食べるよりも、友達でも恋人でも家族でも、誰かと一緒にご飯を食べるほうが美味しく食事を楽しめますよね。

 

【2、 からだを動かす】

仕事ではデスクワーク、家ではテレビ視聴やインターネットなど、
現代人は座ったまま過ごす時間が非常に長いです。
これは筋肉の凝り固まりに繋がり血行不良を起こし、体内の老廃物の排泄の妨げになってしまいます。それがまた凝りやストレスを生む悪循環に…

毎日の生活で体を動かす時間をつくること。
それが健康増進の効果を得られるだけでなく、緊張をやわらげ心身をリラックスさせ、ストレス管理に役立ちます。

 

簡単なのがウォーキング。
いつでもどこでも行え、費用もかかりません。
運動をする習慣のない人は、まず10~15分歩くことからはじめ、徐々に時間を延ばし30分程度を目標にするとよいでしょう。

ジムに通って筋力トレーニングをする、水泳、ダンス、ヨガなどのクラスに参加するなど…どんなやり方でも良いので、自分に合った方法をみつけ運動をする機会を増やしましょう。

 

【3、 生活のリズムを整える】

不規則な生活は、人間が本来持っている体内リズムを乱すため、肉体の健康のみならず、心の健康を害しやすくなります。
よって、不必要な夜更かしはNGです。

また、PCや携帯電話、テレビのライトの刺激=ブルーライトによっても体内リズムが崩れることが分かっています。
深夜までの仕事や、就寝前にデジタル機器に触れることは極力避けましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

1、「セロトニン」を意識した食事をする
2、からだを動かす
3、生活のリズムを整える

 

本当につらい症状がある場合やその前兆を感じる場合は、
無理をすることなく心療内科などへの受診を強くお勧めします。
ですが、上述のようなポイントを意識して生活をすることで、心身を整えて疾病のリスクを抑えてくれます。

何事も、「予防」できることが一番。
食事、運動、生活リズム。
バランスよく全体を管理して、激動の季節を一緒に乗り越えましょう!

 

ですが、
いざ実行してみても、本当にこのバランスで大丈夫なのか…自分に合っているか不安…
そのような不安を感じる方は、
ぜひ一度体験レッスンにお越しください!

当店ではあなたのライフスタイルや体の状況をしっかりと把握したうえで、最適な運動量や生活習慣のご提案をいたしますし、
お食事の習慣のアドバイスやメンタル面のオンラインサポートなどの体制も整っています。
あなたの不安を取り除く二人三脚のサポートをお約束いたします!

 

【体験レッスンのお問い合わせはこちら】

2019年4月7日
ダイエットの成果を左右する…夜の食事で守るべき5つのルール

ダイエットの効率を高めるためには「何を食べるか」と同時に「いつ食べるか」という食事の時間も重要なポイントになります。

特に夕食。
私達のカラダには「体内時計」をつかさどるタンパク質”BMAL -1″(ビーマル ワン)があります。それが働くと、夜20時頃から脂肪を溜めやすくなり、夜22時~深夜2時頃が脂肪蓄積のピークになるとのこと。

夕食後、消費できなかったカロリーがそのまま脂肪として蓄積されやすくなるため、
痩せたいなら20時以降はなるべく食べないようにしたほうがいいのですが…
でも、普段遅くまで仕事を頑張っていらっしゃるとなかなかそんなに早い時間に食事を済ますことは難しいですよね。

 

そこで今回は、遅い時間帯に食事がずれ込んでしまった時に意識して頂きたい
「たった5つ守るだけでよい、太りづらい食べ方のルール」
をご紹介します!

 

1、 まず野菜から食べる
2、 温かいものを摂る
3、 発酵食品を積極的に食べる
4、 主食は最低限の量に
5、 良く噛んで食べる!!

順に理由を説明いたします!

 

【1、 まず野菜から食べる】

最初に野菜を胃の中に入れることで、野菜に含まれる食物繊維が満腹感を与え、食べ過ぎ防止につながります。

また血糖値をゆるやかに上げ、脂肪の吸収を抑えてくれる効果も。まず一口目は野菜を食べる習慣をつけていきましょう。

簡単に手に入りやすいキャベツやレタスなどの葉物、
人参、カボチャなどの色の濃い根菜、
ひじき、わかめなどの海藻類もおススメです。

 

【2、 温かいものを摂る】

冷えた体では脂肪が燃えません。温かい汁もので内臓を温めて消化を促しましょう。
内臓の温度は人肌よりも少し暖かい38℃~40℃くらいが最も活発に働きます。
夏はつい冷たいものを摂りがちですし、冬は意識しないと外気の冷えに影響されやすいです。

お味噌汁などの和食系で温かい汁物が摂れたら理想ですね!

 

【3、 発酵食品を積極的に食べる】

発酵食品には、食べたものをちゃんと燃やす栄養素である“食物酵素”が豊富に含まれています。
できるだけ1回の食事につき1品とり入れて、食べたものの消化や代謝を促しましょう。

身近なものでは、
味噌、梅干し、豆腐、納豆、など…
特に日本人の体質に合っていると言われる和の食材がやはりおススメです。

 

【4、 主食は最低限の量に】
遅い時間に食べる炭水化物は脂肪として溜めこまれやすくなります。
おかずだけの食事にするか、召し上がる場合はおかゆや雑炊など少量を消化されやすい形で摂るのが理想です。

 

【5、 よく噛んで食べる!】
ゆっくりよく噛んで食事を楽しむことで消化もよくダイエットにもつながります。
あまり噛まずに急いで食べてしまうと、脳が満腹を感じるころには胃袋は許容量をはるかに超えた状態に…なんてことになりがちです。

よく噛むことであごをたくさん使うのでエネルギーの消費を促せ、
食事の味をゆっくり楽しむことができ、
さらに胃腸などの消化器の負担が減る。

ただ「噛む」だけで素晴らしい一石三鳥の効果を得られるので、やらない理由はありませんよね。

 

いかがでしたでしょうか?

1、 まず野菜から食べる
2、 温かいものを摂る
3、 発酵食品を積極的に食べる
4、 主食は最低限の量に
5、 良く噛んで食べる!!

 

こう見るとどれも難しいことではなく、普通に取り入れることが出来そうな内容たちですよね!
このように「普通のこと」を継続することが、結果的にはダイエットの一番の近道だということなのです。

 

しかし、
そうは言っても、この「継続」こそが躓きやすく一番難しい部分なんですよね…
ご入会下さるお客さまの中にも、理屈は分かるけど続けることが難しい!と悩んでいた方が多くいらっしゃいます。

そのような不安がある方は、
ぜひ一度体験レッスンにお越しください!
あなたの理想とするスタイルを最短で実現する方法をご提案できますし、
食習慣のアドバイスやメンタル面のオンラインサポートなどの体制も整っています。

長い道のりを走りきれるように最適な道筋を案内いたします!

 

【体験レッスンのお問い合わせはこちら】

2019年4月5日
もう失敗しない!ダイエットを成功させる目標の立て方3選

ダイエットにチャレンジしてみても、

・三日坊主で終わってしまった
・リバウンドをしてしまった
・ほとんど変化なく諦めてしまった

など、失敗してしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

私のもとにいらっしゃるクライアント様だけでも過去に失敗してしまった経験のある方が多くいらっしゃいます。
それを踏まえても、自分一人で行うダイエットの成功確率って、けっこう低いのではと感じています。

 

でもその原因は、あなた自身ではなく、「目標設定の方法」に原因があったのかもしれません。

そこで今回は、ダイエットの成功率を上げる目標設定の方法を解説していきたいと思います。

ダイエットの成功率を上げるためには、抑えるべきポイントがあります。
これらのポイントを守って目標を設定することにより、
目標設定せずにダイエットする場合よりも、成功率を上げることができます!

 

ポイントは3つです。

1、 現実的な目標を立てる
2、 ゴールの具体的なイメージをもつ
3、 成功した先の計画を立てる

順に解説いたします!

 

【1、 現実的な目標を立てる】

まず、ダイエットが長続きしない人に多い原因について、
“いきなり高すぎる目標を立てている”方が非常に多いです。

『1ヵ月で10㎏落とす』『1日1食にする』といった極端な目標を立てているようなケース。
こうしたダイエットは体にかかる負担が大きく、ストレスも溜まります。
結果、続けることがつらくてすぐに挫折してしまうのです。

無理なくダイエットを成功させるためには、1ヵ月に今の自分の体重の5%くらいずつ落とすのが目安。
例えば、今の体重が50㎏なら2㎏前後。
さらにこれを、1カ月で2kgなら、1週間で500g、1日にすると…という風に細分化していくことで、より具体的で現実的な毎日の行動目標が出来上がります。

 

一瞬で体重が激減する魔法のようなダイエットはなく、現実的な目標を立てることが正しいダイエットの第一歩ということですね。

 

 

【2、 ゴールの具体的なイメージをもつ】

途中で挫折しないためには、イメージしやすい明確な目標を持つことが大切です。
そのためにおススメなのが、理想とする体型の写真を持ち歩くことです。

たとえば憧れのモデルさんの写真や、以前痩せていたときの自分の写真など。
着たいなと思っている洋服や水着などの写真なども良いかもしれません。
スマホの待ち受け、パソコンの壁紙、手帳に入れておくなど、定期的に目につくような場所に用意して見るようにしてください。

「この人のような体型になる」「この服が似合う体型になる」など、具体的な目標を持つことで理想の体型のイメージが脳にインプットされて、ダイエットを続けるモチベーションが高まります。

 

 

【3、 成功した後の計画も立てる】

ダイエットに成功したときにどんなことができるようになるのか。
綺麗になった自分がどんな場所でどんな風に生活しているのか。
想像して、その素敵な自分の体でやりたいことや行きたい場所などを書き出したり、
実際に計画を立てたりするのも非常に効果的です。

 

細身のデニムやスカートを履いて○○に出かける
身軽な体で、やりたかった習い事を始める
水着で綺麗な肌を見せられるようになるから、ビーチリゾートに行く計画を立てる

など…

余談ですが、私の経験上
「結婚式を控えている」や「旅行に向けて痩せたい」、「同窓会で綺麗に見せたい」など
ダイエットをなぜしたいかが明確で、成功した自分の姿が鮮明にイメージできている方ほど、
挫折せずに大成功を迎えているお客様が多いです。

 

望む数字や体型を手に入れたその先を、ワクワクしながら想像してみましょう!

 

 

いかがでしたでしょうか?

1、現実的な目標を立てる
2、ゴールの具体的なイメージを持つ
3、成功した後の計画も立てる

 

ダイエットは、「諦めずにやり続ける」ことが出来れば、100%成功します。

 

しかし、
そうは言ってもなかなかモチベーションを保つことができないものですし、長い道のりを一人でやりきるのは至難の業ですよね…

 

そのような不安がある方は、
ぜひ一度体験レッスンにお越しください!
あなたの理想とするスタイルを最短で実現する方法をご提案できますし、
生活習慣やメンタル面のオンラインサポートなどの体制も整っています。

長い道のりを走りきれるように最適な道筋を案内いたします!

 

体験レッスンのお問い合わせはこちら

2019年4月3日
効果的なダイエットのために運動をおススメする3つの理由

夏に近づくに連れて少しずつ話題になってくる『ダイエット』
ダイエットと聞くと、流行りの『糖質制限ダイエット』や『カロリー制限ダイエット』など、
食事にスポットを当てて行うイメージが強いのではないでしょうか。
しかし、上記のような食事にフォーカスをした方法だけでは実は効率の良いダイエットを行うことは難しいです。

今回は、効率の良いダイエットを行うために「運動」をおススメする理由を3つにまとめてお伝えいたします。

 

1、 リバウンドが予防できる
2、 良い姿勢やプロポーションが手に入る
3、 脂肪燃焼の効率UP

順に解説いたします!

 

【1、 リバウンドが予防できる】

食事制限のみで体重を落としても、リバウンドしやすかったり脂肪の量は減っていなかったりと
本質的にダイエットできていないことが多々あります。
○○だけ、○○抜きダイエットなど無理な食事制限をして短期間で行うダイエットは、
体重だけ見れば成功と言えるかもしれません。
しかし、ふたを開けてみたら筋肉も落ちていた、
疲れやすくなった、生理不順になったなどリバウンド以外のリスクも高くなります。
女性の場合は、筋肉が落ちても問題ないと思われるかもしれませんが、筋肉が落ちれば基礎代謝が低下してしまいます。

筋肉の減少はエネルギー消費の減少とも言えるので、脂肪とともに筋肉も落ちてしまえば、数字上はダイエットに成功しても太りやすい体になっていると言えるでしょう。

そのため、ダイエット後に元通りの生活に戻しただけで太ってしまいリバウンドするということが考えられます。
計画的にトレーニングを行うことで、筋肉量の減少によるリバウンドのリスクを軽減できます。

 

【2、 良い姿勢やプロポーションが手に入る】

ダイエットに成功して体重は減ったけれど、イマイチ理想の身体と違う…
なんて経験がある方も多いのでは。
それは、体のバランスや姿勢が悪いまま体重や脂肪を減らすことだけにフォーカスしてしまったからです。
猫背の状態をそのまま放置して体重だけが減ったとしても、理想の格好いい体になるわけがありません。

そこで必要なのが筋力トレーニング。
姿勢の悪さは骨格のゆがみによって起きているので、
固まっている筋肉をしっかりほぐしたり弱い筋肉を鍛えたりする必要があります。

また、バストが垂れる、ヒップが下がるなどのプロポーションの悪さをなんとかするにも、
筋力トレーニングが必要不可欠です。
弱まって形を保持できなくなった筋肉をしっかり鍛えることで、形を整えることができます。

ダイエットの目的はきっと「体重を減らすこと」ではなく
「綺麗になること」「格好良くなること」ですよね。

それを実現させるために一番近道なのが筋力トレーニングというわけです。

【3、 脂肪燃焼の効率UP】

特にウォーキングやジョギングなどの、いわゆる「有酸素運動」は
体内に余っている余計な糖分や脂肪分をどんどん使ってくれます。

運動の強度によりますが、普段の生活活動時に消費する量の5~10倍以上もエネルギーを消費してくれますので、これを活用しない手はありませんよね。

また、前述2番でも述べた姿勢の改善効果によって、歩き方が良くなったり呼吸が深くなったりと、日頃の活動もより活発になることが期待できます。

このように、運動を取り入れることが劇的にダイエットの効率を高めてくれるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか?
1、 リバウンドが予防できる
2、 良い姿勢やプロポーションが手に入る
3、 脂肪燃焼の効率UP

運動を取り入れることによってさまざまなメリット、相乗効果が見込めるので
取り入れない理由はないですよね!

 

しかし、
やみくもに運動をしても効果がでないことや、
逆に体を壊してしまうような可能性も考えられます。

そのような不安がある方は、
ぜひ一度体験レッスンにお越しください!
あなたの身体の状態や生活習慣に合わせたオーダーメイドプログラムを作成し、
理想を実現するための正しい道筋をご提案いたします!

【体験レッスンのお問い合わせはこちら】

2019年3月28日
三寒四温を乗り切る!春の健康管理のポイントまとめ

桜が咲き始め、日中は春の日差しが温かく感じられる陽気が増えてきました。

しかし、「三寒四温」と言うように、まだまだ冷え込む日も多く、朝晩と日中の温度差も大きい体調管理が難しい季節です。

本日は、そんな「春」を健康に乗り切るためのポイントを紹介いたします。

 

1、「旬」のものを食事に取り入れること

2、適度な運動をすること

3、睡眠時間を確保すること

この3つです。

…当たり前のことですよね、という声が聞こえてきそうですが…

そうです、まさに。当たり前のことをしっかりやることが、何よりも効果的なポイントなのです。順に解説を致します。

 

 

【1、しっかりごはんを食べること】

特に旬の食材を積極的に取り入れましょう。

寒暖差の激しい季節です。冷えやむくみが起きやすく、それらは放っておくと食欲が落ちたり、水分不足で代謝よりが落ちやすいです。

すると体内の循環が悪くなるので、より体調不良を感じやすくなる悪いサイクルに。

それに陥らないように、
日々、事前準備をすることが大事です。

そこで冒頭の、”旬の食材”がおススメ。

例えば魚ならば身が肥えて脂がのって美味しく、野菜や果物ならばその実にたっぷりと栄養を蓄えた状態です。

当然ながら、栄養価は高くなります。特に春が旬のものたちは彩りの良いものが多いです。彩り=微量栄養素。ビタミンやミネラルを豊富に含み、体の調子を整えてくれます。

人間の体にとって必要な栄養素を、より効果的に、より美味しく届けてくれるのです!

例えば魚介類ならば、カンパチ、カツオ、ホタルイカ、アサリなど

果物ならば、マンゴー、ビワ、キウイ、イチゴなど

野菜もたくさん、スナップエンドウ、新玉ねぎ、芽キャベツ、筍、レタスやルッコラなど…

 

いまではハウス栽培や養殖などの技術が確立され、季節に関わりなく店頭に並ぶ食材が増えました。

しかし、本来の収穫時季にとれた”旬”のものを食べることは、体調を整え、健康に生きるためとても大切なことです。

 

 

【2、適度に運動をすること】

適度な運動=生命維持の源である「循環機能」を高めてくれます。
つまり、血行の良い状態を保ちましょう!という意味です。

血行が悪いと、手や足の末端までそれが行き渡らず、
“冷え”や”むくみ”の原因になります。

 

本来なら、食事から摂った栄養、呼吸によって吸い込んだ酸素、これらは血液に乗って全身に巡ります。

血行が悪い状態では、それらは全身に行き渡ることが出来なくなり…

 

結果、体温の調整や塩分濃度の調整が下手になるので、
体調不良にも繋がりやすいです。

 

 

【3、しっかり睡眠をとること】

どんな食事にしたら良いですか?どれくらい運動したら良いですか?

こんなふうにみなさま”何をしたら良いか”を気にされますが、まずは不健康な習慣をやめてください。

 

よくあるのが夜型生活。夜更かし寝不足。まず不健康な習慣をやめる!!

これはダイエットしたい方も、筋肉つけたい方も腰痛とか肩こりに悩む方にも共通ですからね。

 

いかがでしたか?

食事、運動、睡眠。いわゆる健康の3本柱です。冒頭にも述べましたが、当たり前のことです。特に難しいことや特別なコツは1つも必要ありません。

ぜひ日頃のあなた自身の生活を振り返り、欠けている部分がありましたら補ってみてください!

 

ご体験、ご見学はこちらから☆

2019年3月19日
ダイエットを成功させる簡単な3つのコツ 

ダイエットは、やみくもに頑張るだけでは思ったように効果が出ません。

今回は、ダイエットの成功率を高め、やみくもに頑張らなくても効率よく進行させることが出来るコツを3つ紹介します。

1、欲張らない

2、なりきる

3、3日坊主を許す

順に解説いたします!

 

 

【1、欲張らない】

「今週から週4回のトレーニングをして、
普段から姿勢はこう気を付けて、
夜はこれとこれとこれのストレッチをして、
食事は絶対3食食べて、
〇〇と〇〇の栄養バランスに気を付けて、
寝る時間は〇時起きる時間は〇時にして、
あとは・・・」

こんな風に、
最初から全部頑張ろうとすると大体失敗します。

自分でハードルを上げすぎて、
どれかにつまづくと全部嫌になっちゃうんですね。

 

正解は、
「欲張らないで1つずつ習慣にしましょう」
です。

例えば、「今週は、ストレッチ1種目だけ継続を目標に!」とか。

10m高い場所に、欲しいものがあったとします。
10mジャンプできるように頑張る!これより、
10cmの階段を100段上る!のほうが現実的です。

 

基本的に人間の脳は、同時に複数の情報を処理することに長けていないです。
要領の良い人は、1つの処理を早くこなしてそれを瞬時に切り替えているだけ。

ダイエットもマルチタスクにするよりは、
シンプルに、小さな成功を積み重ねる方が良いです。

焦らず、確実に。

 

 

【2、なりきる】

成功した理想の自分をとにかく想像(妄想)すること。

さらに、日々迷ったときに「その理想の自分ならここでどう行動するか…」を想像し、なりきる事。

つまり、もう理想を実現させちゃうんです、頭の中で。
そしてその自分になりきってください。
難しければ、それに近い体や生活をしているモデルさんか誰かを真似してみます。

シェイプアップしたかっこいいあなた、
もしくは想像したモデルさんは
夜ごはんの後に毎食デザートのアイスを食べてますか?
間食にケーキやクッキー、おせんべいなど…も同様に想像してみてください。

きっと食べていないですよね。

体に気を遣った生活をして、しっかり運動をして、
早寝早起き、極力規則正しい生活を心がけているはずです。

ということは、まずそれをやればいいだけです。超簡単です。
騙されたとおもって1ヶ月でも
「なりきり」、「真似」を頑張ってみたら、絶対に体は変わります。

 

 

【3、三日坊主を許す】

三日坊主、いいじゃないですか。
そのやり方は自分には合ってなかったんだなあと思って、
さっさとやめてしまえば良いんです。

それでサッと気持ちを切り替えて次の手段を試しましょう。

三日坊主 × 10の手札
だとしたら、1ヶ月なにかを頑張って試したことになります。
それくらいチャレンジを続けたら、きっと1つくらいは続けられそうなモノが見つかるはず。

基本的に、ダイエットや体づくりに「失敗」は無いと考えています。理想を実現するまでやり切ったか、途中で諦めたか、その差だけ。

三日坊主で続かないことに対してテンション下げてる暇があったら、
次の何かに着手しましょう。
それができれば三日坊主は失敗ではなく、
“自分には合っていなかった”という発見に変わります。

あとは合っているものをどんどん実行すればよいのです。

 

 

いかがでしたか?

1、欲張らない

2、なりきる

3、三日坊主を許す

具体的な方法論よりも、それに対するあなた自身のメンタル、マインドのお話でした。成功する方が取り入れているマインドの作り方、ぜひ参考にしてみてください!

 

ご体験、ご見学はこちらから☆

 

 

2019年1月30日
「ダイエット/循環」についてのセミナーを開催しました!

1/29  “循環”について、セミナーを開催させて頂きました。

 

今回のテーマは、「循環」

あらゆる代謝の根幹であり、生命活動の土台を成すものです。
食のコントロールやファスティング、
入浴や睡眠などの習慣管理、
呼吸、トレーニング…
体を変える手段は様々ありますが、
それらは全て、土台となる循環機能が整っている事で初めて効果を最大限に得ることが出来ます。

 

 

宇宙レベルから、
地球に存在する大気や水レベル
自分自身を形成してる細胞レベルまで、
全ては循環している。

そんな入り口から、
・体の内部の循環
・滞ると起きる不調
・具体的な改善のスキーム

などについて、お伝えしました!

 

当たり前のことを、
いかに当たり前に循環させるか。

ご参加の皆様、ありがとうございました!
どんどん、”循環”させてください。
皆様の変化を楽しみにしています!

 

セミナー、講演のご依頼やご相談も承ります。

お問い合わせはこちらまで

2018年11月30日
「Detox/ファスティング」セミナーを開催しました!

11/29 Detox/ファスティングについてのセミナーを開催いたしました。

 

 

ファスティング=断食

美容法、ダイエットのための手段としてのイメージが今では強いですが、元々は”清め”や”浄化”の意味が込められた行為です。

食品添加物、排気ガス、残留農薬などの人工物により
体内に蓄積されてしまう毒素。

それを排泄し、心と体の浄化を行い
本来あなた自身が持つ能力、魅力を取り戻すための術をお伝えしました。

 

 

 

腸の歴史40億年、脳の歴史5億年

本来重視すべきは、脳で考える事ではなく、腸で考える、すなわち”直感”

腹を決める、腹が立つ、腹黒い、へそで茶を沸かす・・・などのことわざからも読み取れるように、昔から「腹」は頭以上に感情を司る部分と考えられていました。

 

デトックスをする意味は体重を落とすためではなく、体内の機能の正常化です。

痩せる、体重が落ちるはその結果起きる”たまたま”とも言えます。

「非常に”腑に落ちる”話しでした」とのご感想を多くいただきました。

ご参加の皆様、ありがとうございました!!

 

セミナー、講演のご依頼やご相談も承ります。

お問い合わせはこちらまで

 

 

 

2018年9月3日
レポート【7日間のファスティングを終えて】

代表トレーナーの平松です。

いつも投稿をご覧くださり有難うございます。

8/24~8/31の7日間をかけて、ファスティング(断食)を実施していました。

無事に終了しましたのでその報告をまとめます。

心身に様々な変化を感じましたので、ご覧いただいているあなたにもなにか参考にして頂ける点があるはずと思っています。

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

今回のファスティングは、2つの意図を持って実施しました。

1、
【自分の体の解毒と細胞の活性化をしたかった】

普通に生活していると、
嫌でも食品添加物や残留農薬、
重金属類を摂取してしまいます。

一度しっかりそれらを解毒し、
それによって起きる体の変化を観察したいなという思いがありました。

 

2、
【スタジオにて販売を検討している商品を使って自分の体で反応を見たかった】

ファスティングを含む、
体質改善やボディメイクプランを新たに考えていています。
自分が経験していないことを大事なお客様におススメすることは出来ないので、
一度、人体実験をしようと。

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

まずは概要。
今回は、エステプロラボさんの酵素ドリンクと補助食、プロテインサプリメントなどを使用しました。
(エステプロラボ)

 

1-2日目が準備期、
3-5日目までが絶食、(水と酵素とプロテインは摂ってました)
6-7日目で回復食。

 

1日目と2日目は、朝ごはんの代わりに酵素ドリンク。

昼食と夕食は、準備食としてファスティングセットに含まれる代替食を食べてみました。

根菜トマトリゾットです。

見た目は映えないけど笑
結構普通に美味しい。

意外なことに、食欲はほとんど感じず、
多少お腹は鳴るんですが辛くはない。お水をたくさん飲んでいたからでしょうか。

しかし、頭痛とだるさが2日目の昼から徐々に…いわゆる好転反応というものでしょう。それと、空腹ではないんですがふとした時に食べ物のことを考えている自分がいました。

 

体はそこまで辛くない。
脳が食べ物を欲している感じで
人工物の中毒性ってこういうことかー、と。

ついつい食べ物のことを考えて、
味を想像しちゃう自分がいました。
特に焼肉とかラーメンとか濃いものを…

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

3日目。

絶食期に入りました。食べ物は食べず、酵素ドリンクをこまめに分けて300ml、水を2500ml。

夕方になって、
頭痛がほぼ消えて体は絶好調。

おしゃべりもすらすら言葉が出てきて冴えてる。

 

色々と感覚がクリアな感じ。

空腹感も無くなって、
体が軽くて非常に楽チンでした。
これならいくらでも絶食続けられそう…と。

 

そのまま4日目、5日目も酵素ドリンクとお水のみ。

全くお腹は空かず、
初期に感じていた頭痛やダルさはほぼなし。

絶好調でした!!

なんだか聴覚が敏感になった感じで、
外の虫とか鳥の声がよく聴こえます。

逆にエアコンや空気清浄機などの、普段耳に入らない機械音が妙に耳障りでした。

“食べない”って、
意外に大丈夫なものなんですね。

 

5日目までで起きた変化としては、
・目覚めが良くなった
・匂いや音、気配に敏感になった
・集中力の持続時間が長くなった
・肌の艶が良くなった
・視界が広くてクリアな感じになった

 

顕著なのはこのあたりでしょうか。
もちろん胃腸の中身が空っぽになるので体重は4キロくらい落ちましたし、
多分)宿便も出ました。
ちょっぴり腹筋あたりのカットが見えやすくなったような。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

最後に6日目、7日目の復食期。

6日目は玄米のお粥と、具なしの味噌汁。

7日目は準備期に食べたような、セットのお粥やリゾットを食べました。

久しぶりの食事。
普通の薄味の味噌汁がめちゃくちゃ美味しい。
お粥の玄米の味がすごく濃く感じる!

多分、そこらの外食の味付けとか
コンビニ飯とか口にしたら濃すぎて吐き出してたと思います。

断言します、
現代人のみなさん味覚麻痺してます。
あと不必要に食べすぎです。

生きるために体が欲する食事と、
脳が欲する嗜好品的な食事の区別がつかなくなってますよね。

準備期のしんどい感じがまさにそれで、
頭が欲するんです。体ではなく。
これに気づけて良かった。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

まとめ。

非常に良い経験でした。
単なる美容や健康が目的ではなく、
自分の体の持つ感覚を研ぎ澄ませて
もっとレベルアップが出来そうな伸び代を感じられました。

あとは食べものに対する意識が変わり、
見え方が変わりました。
これについてはまた後日詳しく。

定期的に実施することでまた変化を感じられそうなので、近日中に2度目を考えています。

どなたか、励ましあいながら一緒にやってみませんか?笑

ご興味がありましたらぜひご連絡くださいませ~!

 

ご体験、ご見学はこちらから☆

2018年8月16日
睡眠の重要性について
突然ですが、
ご自身の睡眠って意識していますか?
睡眠時間や、睡眠の質について。
・眠らないと、「インスリン」の分泌が悪くなって血糖値が高くなり、糖尿病を招く
・眠らないと、食べ過ぎを抑制するホルモン「レプチン」の分泌が悪くなり、太る
・眠らないと、食欲を増すホルモン「グレリン」が出るため、太る

・眠らないと、交感神経の緊張状態が続いて高血圧になる

・眠らないと、精神が不安定になり、
うつ病、不安障害、アルコール依存、薬物依存などの発症率が高くなる

フランスの平均睡眠時間は8.7時間
アメリカの平均睡眠時間は7.5時間
日本の平均睡眠時間は、、6.5時間

日本は世界で一番、睡眠偏差値が低い国と言われています。

しっかり、睡眠、とれていますか??

自律神経の乱れ
体内時計の乱れ
=疲れが取れない、仕事がこなせない、ダイエットも筋力アップもうまくいかない
睡眠がしっかりとれて、リズムが安定している方ほど上記のような乱れのない良い状態が作れます。
人間は、人生の3分の1は寝ている種族ですから。
意識的に、能動的に、眠る。
忙しい時ほど、睡眠時間の確保は最優先にすべきです。皆さん、寝てくださいね。しっかり。寝不足後に必ず体調を崩す、医者の不養生ならぬトレーナーの不養生状態だった平松からの切実なメッセージです、、、