世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

 
ブログ
2021年3月18日
朝ウォーキングのススメ

突然ですが、朝からグループウォーキングを主催する事にしました!
だって、朝歩くって気持ちいいから。と言うのが率直な理由です。

 

最近では心と身体を充実させると、“朝活” が話題ですが、そのひとつとして、“朝ウォーキング” をはじめてみるのはいかがですか?
朝の清々しい空気の中、日の出を浴びながらのウォーキングは心にも身体にも大きなメリットを与えてくれるはずです!

 

なぜ朝ウォーキングがいいのか、そのやり方、実際の効果などを詳しくお伝えします。
これを読んで頂ければ、あなたもグループウォーキングの仲間入りしたくなるはず!

 

朝ウォーキングの代表的なメリットは「ダイエットに最適」「生活リズムを整える」の2つです。

 

その理由を説明します!

~ダイエットに最適~

「ダイエット=減量」に必要なのは脂肪を燃焼させること。
それが1番効果的な時間帯が朝です。
その理由は、食事の間隔が1日の中で1番空いているから。
就寝2時間前に食事を終えて6時間寝た場合、8時間は食事をとらないので、体内の糖質が不足した状態になります。
エネルギー源である糖質が不足すると身体は蓄積された脂肪を使うので、朝のウォーキング、すなわち有酸素運動にて、脂肪燃焼されやすい状態になります。
また、朝運動をして代謝が上がることで、午前中の家事や通勤など普段の行動もエネルギー消費量が増えるので、1日全体のエネルギー消費量もアップします。

 

~生活のリズムを整える~

朝ウォーキングで太陽の光を浴びると、脳内物質の幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンが分泌され、不安な気持ちが落ち着き、ポジティブで元気に一日を過ごすことができるようになります。セロトニンは、「リズム運動」によっても分泌が増えるので、リズミカルにやや早足で歩くと効果が高まります。
又、セロトニンは体内時計をリセットする働きがあるので、身体を休息モードから活動モードにしっかり切り替えてくれます。
朝日を浴びると、「睡眠ホルモン」であるメラトニンの分泌がとまり、14時間~16時間後に再び分泌が高まるようになります。メラトニンの分泌が高まると、体は休息状態に導かれ、自然な眠りが訪れます。
朝の時間帯にお日様を全身に浴びることが、夜の睡眠の質を高めることにつながるというわけです。
朝運動することでしっかりと目を覚まして日中はしっかり活動、夜はぐっすりと寝る。就寝時間がバラバラだったり、朝スムーズに起きられなかったりする方は、早朝ウォーキングで一度生活習慣をリセットすることをお勧めします。朝ウォーキングで健康的な生活リズムを整えていきましょう。

 

正しいウォーキングのススメ

それでは、朝ウォーキングの流れをみていきましょう。

その前に・・・
朝活は、早起きが前提ですが、そのために睡眠時間を削ってしまっては本末転倒なので、前日の夜は早く就寝して、最低でも6時間以上の睡眠時間をとる事をお勧めします。

① コップ1杯の水は必ず飲んでから!
私は朝イチは、胃腸に負担のない白湯をおすすめします。明け方の血液は、睡眠中に水分を失っているので、ドロドロしていて固まりやすい性質を持っています。朝ウォーキングに出かける前には十分、水分を補給してから出かけましょう。一気に飲むのではなく、ゆっくり口から食道、胃腸を通って、身体隅々にいきわたるイメージを持って飲むのがおススメです。

 

② 軽いウォーミングアップやストレッチをしてからウォーキングしよう!
特に朝イチの身体は、筋肉も弛緩していていきなり力が入る状態ではないので、ふくらはぎ、アキレス腱、もも裏などウォーキングに使う筋肉はストレッチしておきましょう。目覚めてから最低でも30分は水を飲んだりストレッチしたりして身体を事前に動かしておくことも大切です。

 

③ 歩き方のフォームも大切!
正しい歩き方ができていないと十分な効果を得られません。重要なのは姿勢!ピンと真っ直ぐ背筋を伸ばし、気をつけの姿勢からスタートしましょう。猫背の方や反り腰の方は特に意識しながら歩いてみましょう。
姿勢の次は歩き方。かかとから着地し、足裏、つま先へと重心を移動させて、つま先で蹴り出すように歩きましょう。膝は負担がかかりやすいので、なるべく伸ばし、腰から前に出すようなイメージで歩きます。歩幅を広くし、早歩きでウォーキングすると運動量が増えるのでおすすめです。速さは1秒間に2歩のペースで”ミッキーマウスマーチ”を頭の中で歌いながらあるくとGOOD♬

 

④ 歩き終わった後も大切!
水分補給はもちろんの事、クールダウンのストレッチや、ウォーキング後の身体と心変化などを書きとめてみてはいかがでしょうか。変化が感じられて、継続して朝ウォーキングするきっかけになるかもしれません。

 

最後に注意点!
メリットがたくさんの朝ウォーキングですが、血圧が高い人にはおススメできない場合もあります。朝は身体が目覚めて活動モードになり、血圧が上昇していく時間帯です。特に冬の早朝は寒さで血管が収縮するので、血圧が高い人は脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐れもあります。その日の体調と相談して、血圧高めの方は十分なストレッチなどを心がけて、起床後1時間ほどは空けてからのウォーキングにしましょう。

 

他にもメリットは沢山!こちらは別ブログにて解説します★☆

これを読んで、あなたもグループウォーキングをしたくなったはず!
期待できるメリットが多い朝ウォーキング!慣れるまでは早起きも大変かもしれませんが、未来の自分のためにもなりますし、あなた次第で楽しいことに変わるはずです。

 

今回の活動はStylez主催のグループでのウォーキングなので、お互い励まし合いながら汗をかいて、更に情報交換や交流の場にもなります!無料開催で、月2回ぐらいでゆっくりはじめてみようと思います★

 

ご興味のある方は、

【Stylezのお問い合わせフォーム】

までお気軽にご連絡お待ちしております!

 

無理なく楽しみながら、充実した1日の始まりに、朝日をたっぷり浴びながらのウォーキングを始めてみてはいかかでしょうか?