世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

 
ブログ
良いことばかりと思われていたウォーキングの意外なデメリットとその改善策まとめ
2021年7月17日

【良いことばかりと思われていたウォーキングの意外なデメリットとその改善策まとめ】

 

前回はウォーキングのメリットについて書きました。【前回のブログはこちら】

 

今回はウォーキングの意外なデメリットを調べ、その改善策を考えてきました。まだの人は先に前回の記事を読んでもらえればと思います。それでは早速みていきましょう。

 

 

歩きすぎには健康を害する危険性がある

ウォーキングのデメリット一つ目は歩きすぎにはリスクがあること。

頑張って長時間歩きすぎると膝などを負傷するリスクが高まります。

膝の他にも腰、背中、足首、足指などを痛めるので、ウォーキングはほどほどにするのが良いでしょう。

ケガの他にも、長時間紫外線を浴びながらのウォーキングは活性酸素を大量に生成させてしまうので、ガンが作られやすくなるというデメリットも。

やはりウォーキングはほどほどにするのが良いでしょう。

 

また、いきなり歩くと危険!準備運動をしてからウォーキングを始めることを意識しましょう。

そしてウォーキング終了後も腿裏などのストレッチなどを入念にするようにしましょう。

また、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患を抱えている方の長時間のウォーキングは体に負担がかかってしまう可能性があるので、事前に医師に相談してウォーキングをしても良いか確認してからするようにしてください。

 

 

改善策としては「適度な量のウォーキングでやめる」こと。

適度なウォーキングは「歩数にして8000歩で、そのうち20分間を早歩きにすること」だと覚えておきましょう。そのくらいが一番健康効果が高いことがわかっています。

ダラダラ歩きでは健康効果はかなり薄いので、普通のスピードのウォーキングに早歩きを織り交ぜる、という方法でウォーキングするようにしましょう。

 

 





 

 

夏のウォーキングに潜む危険性

 

ウォーキングのデメリットの二つ目は夏のウォーキングの危険性。

夏は紫外線と熱中症に注意するようにしましょう。必ず帽子やタオルを準備してから出発するようにして、なるべく日差しを避けて日陰を歩くようにしましょう。

 

そしてこまめな水分補給を忘れずに。

喉が渇いたなと感じる前に水を飲むと脱水症状を防ぐことができます。

もちろん日焼け止めも忘れずに塗りましょう。

ウォーキングで汗をかきすぎると、ミネラルが体外へ排出され足りなくなってしまうので、ウォーキングの前後に麦茶などでミネラルの補給をするようにしましょう。

 

朝のウォーキングにも危険性がある

 

続くウォーキングのデメリットは朝のウォーキングについて。

起床後すぐのウォーキングは心疾患や脳卒中のリスクが高まります!

それは、朝一番は体内の水分量が少なく、血液がドロドロの状態だから。

そしてそのままウォーキングなどの運動をすると、血管が詰まって心疾患や脳卒中などを引き起こす危険性がある、ということになります。

ですので朝は起きたらすぐコップ一杯の白湯か水を飲んでからウォーキングを始めるようにしましょう。そしてウォーキング後も水分補給を忘れずに!

 

正しく歩けていない危険性

次のデメリットは歩く姿勢に関すること。

正しく歩けないと膝や腰を痛めます。癖のある歩き方や姿勢では長時間歩くと関節や筋肉にかなりの負担が。

また、下半身だけでなく首や肩の方まで痛くなる場合も。

 

癖のあるガニ股で歩き続けると骨盤底筋が弱り尿漏れが起きやすくなり、内股で歩き続けると膝が変形し、将来寝たきりになるリスクが高まります。

 

歩く時は骨盤は真っ直ぐ立てる。足はおへそかみぞおちのあたりから伸びているイメージで真っ直ぐに出し、膝を伸ばしかかとから着地する。後ろにある足の親指で地面を蹴るように進む。

などなど、姿勢を少し意識すると歩幅も自然に大きくなり運動量も増えます。

上から頭頂部を糸でピンと引っ張られているイメージで姿勢よくウォーキングしましょう!

 

 

 

カロリー消費が思ったより少ない

 

1時間のウォーキングで消費できるカロリーは160〜210キロカロリー程。これではお茶碗一杯分のお米にあとちょっと届きません。

人によって意見は異なると思いますが、一時間ウォーキングするのと、ご飯を一日合計で一杯減らすのとではどちらの方が精神的に楽なのでしょうか。

 

ということでウォーキングのダイエットとしての効果はゼロではありませんが、ゆっくり現れます。

もっと素早く結果が出るダイエットがしたい方には、ウォーキングよりも、筋トレや食事管理をおすすめします!

 

 

合わない靴で歩く危険性

 

ウォーキングのデメリット最後は、自分の足に合わないシューズでウォーキングを続けると外反母趾やタコやウオノメができてしまうという危険性です。

爪が割れるという危険性もあります。

 

ぜひ自分の足のサイズや幅に合わせたウォーキングシューズを用意するようにしましょう。

 

また、脱ぎやすいように紐を緩く結んでいる場合は、紐をしっかりと結びましょう

 

スタイルズではグループウォーキングを開催しております。ウォーキングの初心者の方でも正しいフォームでウォーキングをすることができますので、お近くの方は是非お問い合わせください。

 

 

【お問い合わせはこちら】

 

 

【グループウォーキングについてはこちらもご覧ください】

 

 

スタイルズオンラインでは運動の他にも、ストレッチ、ヨガ、瞑想、食事、占星術など様々なコンテンツをご用意しております。フィジカル、メンタル、スピリチュアルの総合的な健康を目指している方にはピッタリのオンラインコンテンツになっておりますので、是非こちらもチェックしてみてください。

 

【オンラインサロンの詳しい情報とご入会はこちら】

 

 

関連記事

2019年3月19日
2019年3月19日
ダイエットは、やみくもに頑張るだけでは思ったように効果が出ません。 今回は、ダイエットの成功率を高め … "コレを押さえずして成功は無い…ダイエットを成功させる簡単な3つのコツ " の続きを読む
2021年6月27日
2021年6月27日
【いきなり有酸素運動をするのは間違い?最も効率的に皮下脂肪を落とす方法とは】   梅雨に入 … "いきなり有酸素運動をするのは間違い?最も効率的に皮下脂肪を落とす方法とは" の続きを読む
2021年7月3日
2021年7月3日
【太るのは座りすぎが原因?座りすぎが健康にもたらす意外なデメリットとは?】   カロリー計 … "太るのは座りすぎが原因?座りすぎが健康にもたらす意外なデメリットとは?" の続きを読む
2019年4月3日
2019年4月3日
夏に近づくに連れて少しずつ話題になってくる『ダイエット』 ダイエットと聞くと、流行りの『糖質制限ダイ … "効果的なダイエットのために!!絶対に、絶対に〇〇をすることをおススメする3つの理由" の続きを読む
2019年1月30日
2019年1月30日
1/29  “循環”について、セミナーを開催させて頂きました。   … "「ダイエット/循環」についてのセミナーを開催しました!" の続きを読む
2021年5月30日
2021年5月30日
【身も心も大きな影響を受けていた!良い姿勢のメリットと悪い姿勢のデメリットとは】   &n … "身も心も大きな影響を受けていた!良い姿勢のメリットと悪い姿勢のデメリットとは" の続きを読む
2021年4月8日
2021年4月8日
【睡眠不足の悪影響】 皆さんは毎日どのくらいの睡眠時間を確保できていますか? そして「質の良い睡眠」 … "睡眠不足で太りやすくなる?日中の眠気だけじゃなかった「睡眠不足」の悪影響を6つ解説!" の続きを読む

カテゴリー

人気記事

アーカイブ

月別一覧
年別一覧