世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

 
ブログ
2019年3月19日
ダイエットを成功させる簡単な3つのコツ 

ダイエットは、やみくもに頑張るだけでは思ったように効果が出ません。

今回は、ダイエットの成功率を高め、やみくもに頑張らなくても効率よく進行させることが出来るコツを3つ紹介します。

1、欲張らない

2、なりきる

3、3日坊主を許す

順に解説いたします!

 

 

【1、欲張らない】

「今週から週4回のトレーニングをして、
普段から姿勢はこう気を付けて、
夜はこれとこれとこれのストレッチをして、
食事は絶対3食食べて、
〇〇と〇〇の栄養バランスに気を付けて、
寝る時間は〇時起きる時間は〇時にして、
あとは・・・」

こんな風に、
最初から全部頑張ろうとすると大体失敗します。

自分でハードルを上げすぎて、
どれかにつまづくと全部嫌になっちゃうんですね。

 

正解は、
「欲張らないで1つずつ習慣にしましょう」
です。

例えば、「今週は、ストレッチ1種目だけ継続を目標に!」とか。

10m高い場所に、欲しいものがあったとします。
10mジャンプできるように頑張る!これより、
10cmの階段を100段上る!のほうが現実的です。

 

基本的に人間の脳は、同時に複数の情報を処理することに長けていないです。
要領の良い人は、1つの処理を早くこなしてそれを瞬時に切り替えているだけ。

ダイエットもマルチタスクにするよりは、
シンプルに、小さな成功を積み重ねる方が良いです。

焦らず、確実に。

 

 

【2、なりきる】

成功した理想の自分をとにかく想像(妄想)すること。

さらに、日々迷ったときに「その理想の自分ならここでどう行動するか…」を想像し、なりきる事。

つまり、もう理想を実現させちゃうんです、頭の中で。
そしてその自分になりきってください。
難しければ、それに近い体や生活をしているモデルさんか誰かを真似してみます。

シェイプアップしたかっこいいあなた、
もしくは想像したモデルさんは
夜ごはんの後に毎食デザートのアイスを食べてますか?
間食にケーキやクッキー、おせんべいなど…も同様に想像してみてください。

きっと食べていないですよね。

体に気を遣った生活をして、しっかり運動をして、
早寝早起き、極力規則正しい生活を心がけているはずです。

ということは、まずそれをやればいいだけです。超簡単です。
騙されたとおもって1ヶ月でも
「なりきり」、「真似」を頑張ってみたら、絶対に体は変わります。

 

 

【3、三日坊主を許す】

三日坊主、いいじゃないですか。
そのやり方は自分には合ってなかったんだなあと思って、
さっさとやめてしまえば良いんです。

それでサッと気持ちを切り替えて次の手段を試しましょう。

三日坊主 × 10の手札
だとしたら、1ヶ月なにかを頑張って試したことになります。
それくらいチャレンジを続けたら、きっと1つくらいは続けられそうなモノが見つかるはず。

基本的に、ダイエットや体づくりに「失敗」は無いと考えています。理想を実現するまでやり切ったか、途中で諦めたか、その差だけ。

三日坊主で続かないことに対してテンション下げてる暇があったら、
次の何かに着手しましょう。
それができれば三日坊主は失敗ではなく、
“自分には合っていなかった”という発見に変わります。

あとは合っているものをどんどん実行すればよいのです。

 

 

いかがでしたか?

1、欲張らない

2、なりきる

3、三日坊主を許す

具体的な方法論よりも、それに対するあなた自身のメンタル、マインドのお話でした。成功する方が取り入れているマインドの作り方、ぜひ参考にしてみてください!

 

ご体験、ご見学はこちらから☆

 

 

2018年6月4日
トレーナー平松のひとりごと 2
代表トレーナーの平松です。
出張のお仕事でよく車移動もするんですが、結構そんなほかにやることがないタイミングに、ブログのネタを考えたりします。
今回は、千葉県への出張の帰り。
ダイエットや体づくりを考えたときに、
カーナビなんかに例えるとわかりやすいなと
渋滞にはまりながら感じました。
 
ナビ=トレーナー
運転者=あなた自信
 
  
まず目的地設定。
どこに行きたいのか。
 
次に、ルートの確認。
(6パターンくらい出ますよね、
有料道路優先の早い経路、
有料回避の下道を使うやつなど。)
それで実際に走りながら、
ナビ通りの道なのか、到着時間は予定通りか
渋滞などがあったら考慮してリルートしたりして。
 
 
実際のトレーニングの現場に落とし込むと、
 
目的地設定は
=目標設定。いつまでに、どんな体にしたいか。
 
ルート確認は、
=方法や頻度や強度の選択。
急ぐのか、長い目で見るのか。
サプリメントなどを使うのか、
自炊するのか。などなど
 
あとは走らせながら
随時ルートの変更や修正を行うわけです。
 
 
忘れがちなのが
実際に運転するのはあなた自身だということ。
ダイエットにも自動運転モードが実装されるといいんですけど…笑
たとえ優秀なナビを搭載していても、実行するのはあなた。
ですが、実行しやすく最適なルートを案内し誘導し続けることがトレーナーの責任でもある。
二人三脚で頑張ってもらえるような良いナビゲートをできるよう、
努力を続けなければいけないなと感じます。