世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

世田谷でパーソナルトレーニングを体験するなら | 経堂のフィットネスジム スタイルス

 
ブログ
2021年3月24日
ストレッチのすごい効果

ストレッチは筋肉や関節を伸ばして柔軟性を高めたり、怪我の予防などを目的とした運動です。トレーニングやスポーツ前の準備運動としてストレッチをすることが一般的です。あくまでも補助の運動といった捉え方をされており、ストレッチはメインの運動とは思われていません。ではストレッチ単体で見た時にはどのような効果があるのでしょうか。

 

1、パフォーマンスの向上

ストレッチには運動のパフォーマンスを向上する効果があります。ストレッチというと柔軟性を向上させるイメージがありますが、それだけではなく、筋肉の温度を高めたり神経からの伝達速度を速めたりする効果もあります。どのようなプロスポーツ選手も本番前、練習前などに必ずストレッチをします。ストレッチなしでいきなり本番ということはありません。結果を求められるプロの世界でなくても、パフォーマンスを重視したい場合は運動前のストレッチは必須です。

 

2、可動域を広げる

ストレッチを行う事で筋肉の柔軟性が高まり可動域が広がります。日常生活で座位など同じ姿勢が続いたり、運動で同じ動作が繰り返されたりすることで筋肉の柔軟性に偏りが出て関節の可動域が固定化します。このような時にストレッチを行い筋肉の柔軟性を高めると、関節や骨が引っ張られることなくスムーズに動くことができるようになります。身体中の筋肉の柔軟性が高ければ、動きが制限されることなく、広い関節可動域を得ることができます。

3、ケガの防止

可動域が広がることは動きをスムーズにするだけでなく、ケガをしにくくなったり転倒するリスクも減らせます。ピッチャーなどは肩甲骨の可動域が広がると、投球をする際に無理に肩を回さなくなるので肩を痛めたりなどの怪我の防止につながります。このようにストレッチには怪我予防の効果も期待できます。逆に、身体の柔軟性が低下している状態でいきなり激しい運動をすると、筋肉を傷めてしまうリスクがあります。また柔軟性が低いと転倒など突然の事態で大きな怪我をしやすくなるため注意が必要です。特に普段あまり運動をしない方や、運動時は激しい動きが多い方は運動前に必ずストレッチをして下さい。

 

4、痛みが減り、疲労回復する

柔軟に動く筋肉はポンプのような作用があり血液の循環をサポートしています。柔軟な筋肉は毛細血管を発達させ、高血圧や肩こり、腰痛の予防・改善に効果があります。運動や日常生活でたまった老廃物や疲労物質などは、血液に乗って運ばれ分解されます。血行が良くなるとこの循環が早くなるので、疲労回復に効果があります。運動後の筋肉には疲労がたまっていますが、こうした状態を放置してしまうと、身体のだるさや不調、痛みに繋がります。運動後にストレッチを行えば効果的に筋肉の疲労を取り除くことができ、身体の回復を早めることができるのです。またストレッチをせずにいる状態で柔軟性が低いと、関節に大きな負担がかかり痛みを引き起こすことも考えられます。ストレッチにより筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善させることができます。痛みが出るのを予防し素早い疲労回復をする為にもストレッチは必須です。

 

5、ストレスの軽減

ストレッチ後はα波が増加し副交感神経活動が働くことが明らかとなっています。体がリラックス状態になることで、睡眠の質もよくなります。副交感神経は体を緊張から解きほぐし休息させるように働く神経です。副交感神経が優位になると、瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降して、体も心もリラックス状態を作りだすことができます。

全身のストレッチを30分程度行い、その前後で脳波や自律神経活動がどのように働いているかを測定する実験がありました。その結果、前頭葉で発生するα波の増加や心拍数の低下が認められ、ストレッチには副交感神経の働きを優位にさせ、リラクゼーション効果をもたらす働きがあることが明らかになりました。身体だけではなく心のリラックスが実現できますので、現代社会で活躍する方々のストレス軽減にはストレッチが重要な手段となります。

 

6、若さを保つ

ストレッチは習慣的に続けることで、疲れが溜まりにくくなり、回復も早くなります。ストレッチで身体を動かして柔軟性を高めることは、心と身体をリラックスさせ緊張を解きほぐすだけでなく、心身の老化予防に効果があります。また、ストレッチには血圧を安定させる効果もあります。血管は筋肉の中を通っているため、筋肉が柔らかくなると、その中にある血管にも良い影響を与えることができます。若さを保ちたい、あるいは健康に過ごしたいという方は毎日のストレッチに取り組んでみてください。

筋肉が固くなるということは、全身に張り巡らされた毛細血管が圧迫され、血液循環が悪くなります。すると筋肉は酸素不足・栄養不足になり、疲労物質を除去できずさらに固くなります。それが体の不調の慢性化、負のスパイラルへとつながるのです。疲労物質が溜まっていくと老化が早まります。老化を遅らせたいならストレッチをしましょう。

 

7、痩せやすい体になる

ストレッチにより全身の柔軟性が高まると代謝が上がるだけでなく、筋肉のもつポンプ作用を利用して血行を改善することが期待できます。これはダイエットや足先の冷え症改善につながります。つまり同じ運動をしても、代謝が上がってるほうがエネルギー消費やトレーニング効果が大きくなります。逆に固くなった筋肉は神経を圧迫し血流阻害を起こします。ストレッチで筋肉が柔らかくなると、圧迫されていた血流が良くなり、酸素や栄養分が滞りなく行き届くので、代謝が上がります。習慣的なストレッチで全身の体質改善が進むと今より格段に痩せやすくなるなり、これがダイエット効果に繋がります。

 

最後に

さてこれまで見てきたストレッチの効果はいかがだったでしょうか。おそらく想像以上の効果だったのではないでしょうか。今までストレッチに本気で取り組んでこなかった方でも、ストレッチを生活に取り入れたくなってきませんでしたか?

スタイルズでは瞑想とストレッチのクラスがあります。zoomによるオンライン参加も可能です。少人数制グループレッスンの詳しい情報や、スタイルズについてのお問い合わせは下記のリンクからお願いいたします。

【少人数制グループレッスンについてはこちらをご覧ください】

【お問い合わせはこちらから】